F美の旦那の話

F美の旦那は、気軽にコンビニキャッシングを利用していたそうです。その結果、、取り返しのつかないことになってしまいました。

 

パチンコや競馬などのギャンブルが好きというわけでもなく、普通に生活をしていただけなのに、こんなことになってしまうなんて・・・F美も可哀想です。

 

気軽にはじめたキャッシング

 

当時の私たちは結婚4年目。
主人が日常的にクレジットカードのキャッシングを利用していたので、いつも借金はありました。

 

でも、周りから見れば普通の家族。
2人の子供にも恵まれ、幸せに生活をしているように見えていたはずです。
けれども、主人の事故がきっかけで取り立て屋が自宅にまでくるようになり、生活は一変してしまいました。

 

 

◇コンビニキャッシングを利用した理由◇

 

主人は結婚する前からコンビニキャッシングの利用がありました。
結婚したら止めるという約束もしていたのですが、止める気配は一向になく・・・毎月のように借り入れしては返済を繰り返していました。
私にとってこの借金はとても苦痛で憂鬱で、、嫌なものでした。

 

何度も気持ち伝えましたが、主人は「小遣いが足りないというと嫌な顔をされるのが嫌だった」「一括で返済しているのだからなんの問題もない。足りない時に利用しているだけ」

 

キャッシングは借金であることを認識していないのか、ATMで自分の口座からお金を引き出すように利用しています。
お金の感覚がもう、ずれてしまっていて怖いと感じましたし、驚きました。
でも、数万円のことだから、、、私も悪い部分もあるしキツく言っても逆効果もあるかもしれないと問題を深刻化させませんでした。

 

◇突然の事故・・・さらなる借金の発覚◇

 

主人が交通事故に遭い、長期の入院が決まりました。
主人も元気な様子で命に別状もないので、生活は厳しくなるかもしれないけれど入院している間は毎月の借金がなくなるので少しうれしくなってしまいました。

 

そんな思いもつかの間、数週間後には自宅に督促状が1通届きました。
そうです。主人には他にも借金があったことが発覚したのです。総額300万円。入院中ということで返済ができず督促が始まりました。

 

数万円のキャッシングだったのに、問題を深刻化しなかった結果です。
金銭感覚のズレは軽視してはいけない。そう後悔しました。

 

◇取り立ての開始◇

 

入院費用がかさみ、それに加え入院が原因でお給料も減ります。返済できるお金なんてどこにもありません。届く督促の文面はだんだんと厳しくなってきますし、自宅には電話がかかってくるようになりました。

 

このままでは、返済もできませんし、どうなってしまうのだろう。と怖くなり悩んだ末に役所に相談に行きました。
たまたま、借金の相談の日だったので弁護士さんと話をすることができ、その際に自己破産の手続を勧めてもらい手続を依頼しました。

 

◇ついに、自宅への訪問◇

 

督促の電話は昼夜問わず鳴り響き、子供たちも「なにかおかしい」と察知し、電話がなると怖がるようになってしまいした。

 

そんな日々を過ごしていたある日。
夕食の支度をする時間帯にインターホンが鳴りました。
外を覗けば、鋭い目をしたスーツ姿の男性の姿が目にはいり、直感的に取り立て屋だとわかりました。ドアを開けるのが怖かったのでそのまま応答すると、男性は「〇〇さんのお宅ですよね?返してくださいよ〜困るんです〜」と近所に響きわたる声で言いました。

 

 

近所には知られたくない一心で、とっさにドアをあけてしまい、男性の視線は家の角で震えている子供たちに。
小さな声で「かわいいお子さんたちですね。」と含みのある声で一言、、そう告げて帰ってきました。
その日の夜は長く、恐怖で眠ることさえもできず、このまま朝がこないのではないのかと思っていたことを今でも鮮明に覚えています。

 

その後は、半年間どうにか耐え抜き自己破産が認められました。

 

違法な取り立てにあっている方へ

 

私自身、後から知ったことなのですが賃金業者による取り立ては、賃金業法で規制されています。

 

なので、夜間の自宅や勤務先への電話や訪問などは正当な理由がない限り禁止されています。それから借金をしていることを近所に知らせるような行為も禁止です。

 

弁護士を立てて、借金をした本人に直接連絡をしないように伝えた場合は連絡をすることも禁止になります。

 

私の経験したような取り立てにあっている方がもし、いたらすぐに弁護士や専門家に相談をしてください。自分で解決しようとすると危険です!!

 

何年たっても、あの恐怖は忘れることができません。大人の私でもそうでしたから、子供たちは余計です。
私は弁護士に相談して本当に良かったと思っています。