お金を貯めるために。使える便利帳

【人それぞれの個性】が認められる世の中です。
ですから、ライフスタイルも多様化していますよね。それに伴って、お金との関わり方も個々様々です。

 

 

貸し借りでの人間関係のギクシャクや使いすぎによる残高ゼロ現象!!
一方、お金とのつきあい方が上手でよく知っている方は、収入の多い・少ないにかかわらずスマートに暮らしていますよね。

 

 

できることであれば、後者のように普段はお金のことに頭を悩ますことはない!そして使う時は気持ちよく使いたいものです。
そのために、、収入に応じた生活を送れる消費スタイルを身につけましょう。

 

<<惑わされないで!必要なものだけを買う>>

 

「老後のための保険・・・」
「家族の健康のために摂りたい栄養素は・・・」

 

このような広告を見かけることがありますね。
安心を買う?それとも将来への不安を抱きながらも我慢?
二者択一の判断を迫られているような気分になるでしょう。

 

これに騙されてはいけません。消費者の不安に訴えかける手法はマーケティングの常套です。もちろん、耳を傾けて考えるべきこともありますが無闇やたらに不安がる必要もありません。

 

 

お金を使うべきかどうか。そこにぶち当たったら「消費・投資・浪費」のどれにあたるのかを考えなおしてみましょう。
浪費はするべきではないですね。過度の消費も避けたいです。
将来の収入アップに繋がる自己投資であれば有益な使い方だといえます。

 

<<鉄則は先に貯める>>

 

お金が溜まりにくい人の特徴は、1ヶ月節約をして余った分を貯金しています。この方法だと1ヶ月間、永遠と節約を意識していないといけませんね。頑張ったのにお金が残らなかった時の気分は最悪です。

 

だったら、「お給料日前に残った分を貯める」から「お給料日直後に貯める分を残す(貯金する)」方法に切り替えましょう。
そうすることによって、節約しないと・・・と永遠と考える必要はなくなります。失敗してしまった時の落胆もないです。
そもそも、確実に貯金ができますから、失敗はない!ということになりますね!!

 

ちなみにですが、貯金の目安はお給料の2〜3割り程度が良いですよ!

 

 

<<先取り貯金法の種類>>

 

先に貯金する方法を先取り貯金と言います。方法が数種類あるので紹介します。

 

1,貯金用の口座へ
お給料日に決めた金額を引き出し、自分で貯金用の口座に移します。
手間がかかりますが、お金が溜まっていくのが実感できるのでモチベーションが上がります。

 

 

2,財型貯蓄
少しむずかしい感じがしますが、会社と金融機関が提携してお金を貯めてくれる制度を財型貯蓄といいます。
この方法だとお給料から天引きされて指定の金融機関に送金されるので最初に申し込みすると以降の手間がなく自動的に貯金されていきます。
自営業の方や財型貯蓄制度のない会社だと利用ができません。会社に確認してみましょう。

 

 

3,自動積立
銀行の自動積立を利用する方法です。各銀行の窓口や郵送、インターネットからの申し込みができますから手持ちの預金口座の銀行で確認してみましょう。
自分で決めた日に普通預金から定期預金に自動的に移し替えてくれます。ボーナス月には増額して移すことも可能です。

 

簡単にまとめましたが、自分のライフスタイルに変化をつけるのには少しの勇気と決意が非必要ですね。
始めるにあたっては断捨離(ダンシャリ)をするのがオススメ。
自分が不要なお金お使ってきたのかが苦しいほど実感できますし、新たな覚悟を持って取り組むことができるでしょう。