帰省時の節約方法

実家と離れて暮らしている・・・たまには帰省しますよね。帰省は楽しいですが、費用も馬鹿にならないです。

 

 

 

実家で暮らしていて帰省しない人は、正月休みやお盆休みなどの連休には旅行に行ったりして羨ましく思ったりしましたが、帰省する田舎があることを羨ましく思われたりもします。人それぞれですね。

 

 

 

帰省といっても、電車で2〜3時間程度であれば費用がかかるという問題はなく、節約する方法もそんなにありませんね。

 

 

 

これくらいなら、帰省というほどでもなく在来線なら料金も1000円前後で済みますし、車でもかかかる時間は同じぐらいと予想ができます。費用も家族で3〜4人ならガソリン代で済みますし、高速料金もETC割引などを利用して1000円程度で済みますよね。

 

 

 

問題は遠い場合です。
帰省には新幹線や飛行機が必要!となれば、時間も費用も一気にかさみます。しかし、これも様々な前提によって変わってくると思います。

 

 

 

例えば、自宅が関東。帰省先は九州。
一般的に考えれば新幹線か飛行機・・・となりますが小さい子供がいる場合はそうでもありません。

 

子供(赤ちゃん)がいると荷物も多くなりますし、新幹線や飛行機だと席も狭く十分に面倒が見られません。それに泣き始めると周囲への迷惑も考慮しないといけませんね。

 

 

そのために、料金節約よりも実をとる。。ということになります。本当に、ご苦労様です。でも、子供が大きくなれば新幹線や飛行機でも大丈夫になりますよ!!

 

家族が多いと帰省の選択肢も限られてしまいますよね。でも節約をするなら車がよいかもしれませんね。人数で割ると最もお得になります。上記で紹介した例だと関東から九州も東京から博多間とした場合2人で帰省した場合は新幹線・車ともに費用は9万円とほぼ同じです。新幹線なら5時間。車であれば12時間以上・・・長期のお休みなどを考えると時間はもっと掛かりそうですが。

 

 

でも、それを逆手にとり中間の京都あたりで1泊し、空いた時間を利用して観光を楽しむのも方法です。安いホテルであれば5000円/人です。新幹線ではできない方法ですね。

 

二人ならビジネスホテル代が多めに掛かってしまいますが、お得感はあります!次の帰省は京都の別の場所を見物したり大阪も近くて立ち寄りやすいですね。

 

飛行機で同じような事をしようとすると難しいです。標準価格で片道3万円以上と二人の往復(15万程度)は厳しいです。でも一人でオフシーズンに利用するのであれば話しは別になりますね!
飛行機には格安料金がありますから、羽田〜福岡往復+ビジネスホテル1泊の合計が18,000円というのもあります。あまりの安さに代理店に電話して確認してしまいました。
帰省は楽しいですが費用の面も忘れずに!移動時間を上手に活用して楽しみを加えながら充実した節約で帰省してくださいね。