信用情報機関について

そもそも「信用情報機関って??」と思いますね。
私自身も良くわからなかったので調べてみました。そういえば審査の時、何度か「信用情報機関」という言葉を聞いたような気もします。

 

金融機関から借入をする場合、審査があります。審査は借入をする金融機関で行う審査とは別に信用情報機関のデータを元に与信が行われています。

 

ただ、この信用情報機関で見られるデータというのはブラック云々など深い部分ではなく、クレジットや各種ローン等の信用取引に関する返済や支払い状況。契約内容や利用残高などの取引の事実を表す情報です。

 

情報機関は下記の3社です。

 

株式会社日本信用情報機構(JICC) http://www.jicc.co.jp/index.html
全国銀行個人信用情報センター http://www.zenginkyo.or.jp/
(株)シー・アイ・シー http://www.cic.co.jp/index.html

 

これらの3社ががCRIN(Credit Information Network)というネットワークを作っています。情報を共有していますから、お金の借り先を変更しても審査に落ちてしまう場合があるのです。

 

審査を通りやすくするには

 

そもそも「なんで審査に落ちたのか」の理由は教えてもらうことができません。ですから「こうしたら審査に絶対にパスできる」というのも言えないのです・・・。

 

 

 

だたし!!1つだけ言えるのは「書類の不備をなくす」ということです^^

 

 

 

住所や電話番号の書き間違いや現在の借金の借入金額の嘘等・・・審査に落ちる場合があるので、正直に且つミスのないようにしましょう!

 

スマホ・奨学金は落とし穴?!

 

ガラケーからスマホに代えるとパケ代が数倍に膨らんでしまった人。少なくないと思います。ソそうすると、厳しいのが月々の支払。延滞してしまった・・・なんてそんな記録も信用情報機関にしっかりと残ります。

 

 

 

「なんで審査に落ちてしまったのだろう・・・」という場合、このスマホの料金の延滞が絡んでいるケースは多くなってきてるそうです。

 

 

 

スマホの料金滞納だけではなく、大学などの奨学金の返済の延滞をしてしまう人も増えています。この辺は当てはまる人も多いのでは??