カードローン返済に関するよくある疑問

返済ができなくなってしまった時、どうしたらいいですか?

一般的には返済日の翌日に電話がかかってきます。その際に「いつ、いくら入金できるかの約束」と「お金が手に入る理由」を伝えて下さい。

 

返済できる当てがない場合は両親や友人、弁護士などに相談しましょう。

 

返済が遅れた場合の取り立ては怖いの?

金融業者の取り立て行為は賃金業法で細かく制限されています。ですから心配するような怖い取り立ては受けることがありません。

 

万が一、制限されている行為を金融業者が行った場合は営業停止処分や賃金業登録の取り消しなどの金融業者にとって不利益となる行政処分がくだされます。

 

【取り立てにおいての禁止事項】
・午後9時〜翌朝午前8時までの時間帯の電話やファックス、訪問
・ほかから借りて、返済させようとする行為。脅しまがいの取立て
・正当な理由なく、債務者の勤務先に連絡すること
・連帯保証人以外の、家族や親類などにも及ぶ取立て
・債務者の借入や私生活に関する事実を他人に知らせる行為
・弁護士等または裁判所を通じて債務処理の手続きを進めている旨の通知を受けたあとの取立て行為

 

返済が遅れてしまった場合のペナルティは?

通常は返済日の前や後に金融会社からの返済日の連絡がありますから、うっかり忘れてしまった!!という事態は免れることができます。

 

だだし、故意に支払いを怠り続けると下記のようなペナルティがあります。

 

・新規貸付は不可
・返済金額の一括請求
・遅延損害金の適用(金利が高くなります)
・滞納、延滞の記録が個人信用情報に事故情報として登録されます

 

返済期日に入金ができませんでした。どうしたらいですか?

金融業者から連絡があります。その際にいつまでにいくら払うかを伝えれば問題ないです。
また、返済ミスやうっかり・・・といった初期の段階でブラックリストにのることはありません。