「ローン」じゃなくて「カードローン」がいい理由

お金を借り入れしたい!そう考えた時に思いつくのは金融機関の「ローン」ですよね。ローン商品は多くあります。住宅ローンやマイカーローン、教育ローン。シホコは銀行からお金を借りるって言いったら、そういう類のローンしか思いつきませんでした。
しかし、実は「カードローン」もこの中にあるのですね^^

 

住宅ローンやマイカーローンと同じ括りに入る「カードローン」それなら安心かも。と思いますよね。

 

さて、この「カードローン」と他のローンの違いはあるのかな?って簡単に説明していきます!

 

【ローン】とは

 

借りたお金の使用用途や借りるための目的が決まっているものは「目的ローン」

 

・住宅ローンの場合は家を立てたり、リフォームするために使うローン。
・マイカーローンは車の購入や車検を目的としたローン。

 

このように目的が定まっていて、それ以外の目的には利用ができないのが目的ローンです。それ以外の目的には利用ができませんが、金利負担が低く設定されています。

 

 

目的ローンの場合は、銀行側が支払先に立て替えて支払いをしてくれます。その後、ローン利用者が毎月決まった金額を返済していく流れになります。

 

【カードローン】とは

 

目的を明記しなくても借り入れができるフリーローン。カードが発行され、ATMやCDで自由に入出金ができるのでカードローンとも呼ばれます。

 

そう、ココがポイント。
「カード」の発行!!何よりのメリットです!!

 

このメリット・・・
カードが1枚あるだけで、必要な時に必要なお金を簡単に「引き出す」ことができます。毎回審査を受け、何のためにお金を借入するのかと目的ローンのように銀行に申請し審査を受ける必要がありません。

 

「引き出す」という言葉を使っているのはATMからお金を引き出すので「借りる」というよりも「引き出す」という感じに近いからです〜。本当に簡単なんですよ!!

カードローンではいくらまで借りられる?

ここまでの説明で1枚のカードローンで、必要な時に必要なお金を手にい入れることができる!ということが理解してもらえたでしょうか??

 

 

じゃあ、いくらまで??
という疑問がありますよね。

 

上限はもちろんあります。
あと、「引き出す」とか「手に入れる」という表現はしていますが、あくまでも借り入れしているので返済のことも忘れてはいけませんよね。

 

借り入れできる上限は各銀行によって異なります。だいたい、30万円〜50万円が相場ですが、審査結果によっては10万円の場合もありますから、一概にいえません。審査を受けてみてのお楽しみ♪といった感じでしょう。

 

 

借り入れできる上限(最大融資限度額)が審査により決定したら、自分の使えるお金の範囲もわかります。
もし、50万円の最大融資限度額が貰えたとしたら50万円の範囲内で何度でもカードを使ってお金を借りることができます。