上手に節約してみよう!節約チェックポイント

支払いをするのに、できるだけ安くあげたい!!と多くの人が考えます。
身近なところでは、食費屋光熱費、通信費などがありますよね。それから季節ごとの帰省時の交通費などもそうですね!

 

もともと欲していた訳でもないけど、、あの時知っていたら!節約できる方法はたくさんあります。例をあげて紹介しますね!

 

大手のスーパー・ドラックストアのシニア向け優遇カード

 

大手のスーパーのイオン。ワオンカードは人気のカードですよね。
ワオンカードの種類の中に55歳から利用ができるプリペイド型のカード「G・G・WAON」は毎月15日が5%割引になります。
イトーヨーカドーでは、60歳以上の方が利用できるシニアナナコで毎月15・25日が5%割引。
ダイエーのハートポイントカードプラスでは、60歳以上なら毎月5・15・25日に買い物をすると通常の5倍のポイントがつきます

 

ネットスーパー

 

インターネット端末からスーパーの商品を注文。配達をしてくれる便利な買い物方法です。ポイントもつきますし、重たいお米や飲料水なども玄関先まで届けてくれます。不在時には専用ボックスにおてもらう方法もできます。配達料金がかかるスーパーもありますから注意してくださいね。

 

 

 

配達は最寄りのスーパーから行われるのが一般的で、夜10時まで対応してくれるネットスーパーもあります。近所のスーパーの公式ホームページを確認してみてください。
気になるのは配達料金ですが、スーパーにより異なります。300円+消費税位から一定額以上の注文で配達料金が無料の場合もあります。また小さな子供・高齢者がいる世帯は配達料金が割引になるスーパーもありますよ!

 

カーシェアリング

利用している人も多いと思いますが、最近はタイムス等の無人駐車場に増えてきていますね。その駐車場内にレンタカーらしき車が1〜2台置いてあると思います。それはこれまでのレンタカーのイメージとば異なる新しいサービスです。
大きな違いとして、料金体系が違います。15分刻みで利用ができるので近場の利用だとかなり安く車を使うことができます。

 

 

ネットで予約して、パソコンで行き先を指定すると車に乗った時には既にカーナビにその情報がインプットされているので余計な手間もかかりません。またレンタカーだと普通はガソリン満タン返しなのですが、カーシェアリングの場合は満タン不要です。借りた時にガソリン残量が少なかった場合は・・・。

 

 

最寄りのガソリンスタンドで給油します。支払い方法は専用のカードが費用になり、新たな負担はありません。もちろん、その給油時間分も利用料金無料ですから慌てなくても大丈夫です。事前に会員になる必要があり、専用のICカードと毎月1000円程度の会費がかかります。会費ですが、利用をするとその料金として計算してくれるのでムダにならないのも嬉しいですよね。急発進や急ブレーキの記録がされていて、安全運転で帰ってくると特典付きのポイントがあるサービスもあり、運転技術の向上や事故防止にもなります。